腰痛予防になるベッドはどんなものか

ベッド

快眠のためにはベッドに使うマットレス選びに注意を
毎日自分ではしっかりと寝ているつもりなのに、日中眠かったり疲労感があったりするといった場合にはベッド
ベッドの形状や機能と特徴について
ベッドは老若男女や性別問わずたくさんの人に愛用されています。
毎日大勢の人に使われているため、
ぐっすり眠れるベッドの選び方は
ベッドを選ぶ際にまず気を付けるのは当たり前に「サイズ」でしょう。
実際大きさは大きければ大きい

最新のベッド

腰痛予防になるベッドはどんなものか

画像
腰痛があると敷布団よりベッドが楽だといわれています。
腰痛は腰が沈み込むことで悪化するので、それを防ぐためにマットレスを使ったベッドがよいのです。
マットレスにもいろいろ種類があります。
低反発マット、高反発マット、スプリングなど、それぞれ支持する人もいますが、横になった時に体の一部分に体重がかかると、血流が滞り腰痛や肩こりの原因となってしまいます。
体重を分散して支えることが腰痛予防には理想的なので、低反発マットと高反発マットよりスプリングマットが優れているのです。
スプリングマットのベッドでも自分の体重にあったスプリングを選ぶ必要があります。
現在はポケットコイルが主流ですが、体重の軽い人はスプリングのコイルの線径が細いものを、重い人は線径が太いものを選びましょう。
体重の重い人が細いコイルのものに寝ると体が沈むことになります。
またコイルの数は多いほど体重を分散して支えることができます。
コイルの配列も交互になっているものと並列になっているものがありますが、交互配列のほうがより分散の効果があります。

ベッド 通販

佐倉伸洋

小川淳子

小川淳子

関連情報

Menu

更新情報

事業内容

画像
諸外国では、新生児のころから親と同じ寝具で寝るという習慣がなく、赤ちゃん専用のバスケットやゆりかごを